建物の安全性 その①

お問い合わせはこちら

建物の安全性 その①

建物の安全性 その①

2021/09/24

建物の安全性 その①

安心・安全な建物で生活することは、私たちの生命を守る上で大切なことですね。どんな建物でも時の経過とともに経年劣化が起こり、さまざまな要因によりその安全性が疑問視されるようになります。不動産のご売却相談やご購入相談を受ける時に私たちが必ず注意しなければならないポイントです。

古い建物であればすべてその価値がなくなってしまう訳ではありません。事実、『京都市 地域の空き家相談員』をしていると、古くなった空き家や相続した不動産の有効活用についてのご相談を受けることがあり、京都市としても『京町家』のように古い建物でも歴史的に価値があるものについては取り壊すのではなく、補助金などの制度を活用し残すための工夫を推奨し、取壊しに一定の制限を設けています。

とは言え、建物の安全性を担保するために莫大な費用がかかる可能性がある建物については、建替えを検討せざるを得ない場合もあります。そこで、『建物の安全性』について何回かに分けてシリーズとしてブログでご紹介しようと思っています。次回は主に戦後の不動産事情を振り返って、建物の安全性に関する法律の変遷を交えながらご紹介していきます。お楽しみに!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。